So-net無料ブログ作成

4Wのフルチューブアンプ


以前Grecoの5W真空管アンプを紹介しましたが、僕が個人的にお気に入りのメーカーVOXからも4Wの真空管アンプが登場しました。

Vox AC4TV8
[VOX(ヴォックス)/AC4TV8]

【スペック】
■ギターアンプ、コンボタイプ
■出力:4W
■真空管:12AX7(プリ)/ EL84(パワー)
■スピーカー:Celestion VX8カスタム・スピーカー8"×1
■コントロール:トーン、ボリューム、OP LEVEL(4W、1W、1/10W)
■寸法、重量:350(W) x 375(H) x 215(D)mm、9kg
~メーカーサイトの解説より~
■VOX AC4は4Wのオール・チューブ・アンプとして1958年に登場。プリアンプにEF86管、パワー・アンプにEL84管を搭載し、コンパクトなボディながら本物のVOXトーンで好評を得ました。AC4TV8ではこの回路をモディファイしプリアンプに12AX7管、パワー・アンプにEL84管という王道の組み合わせを採用。さらにパワー・アンプをA級回路で動作させることにより、誰もが親しめるピュアなブリティッシュ・トーンを再現。ボリュームの設定により、クリーン・サウンドからVOX独特のオーバードライブ・サウンドまで幅広い音色を生み出します。
■OUTPUT LEVELの切り替えが可能なアッテネータを装備:従来、1ボリュームのアンプで心地よい歪みを得るには、ボリュームを上げるしかありませんでした。 AC4TV8では4W、1W、1/10Wの3段階に切り替え可能なアッテネータを装備し、テレビやラジオと同程度の音量となる最小の1/10Wでも真空管ならではの充分な歪みを得ることが可能に。室内での演奏やレコーディング、または夜間の演奏においても好みの音色で存分に演奏を楽しむことができます。
■AC4TV8 では「TVフロント」と呼ばれる、ヴィンテージ・ライクなルックスを採用。1958年に登場した初期のAC15に採用された「TVフロント」は正統な VOXアンプ・デザインのひとつであり、最近では2007年発売のHeritage CollectionシリーズのAC15H1TVにも採用しています。インテリアとしても最適な、シンプルでレトロなルックスです。
※サウンドハウスより


このアンプ、これまでに出た5Wクラスのフルチューブアンプにはない画期的な機能が備わっています。それはなんといっても「アッテネーター内臓」。アッテネーターって単体でも3~5万くらいするので、この値段でそれを内臓してるというのは非常にうれしいですね。

ちなみに5WのGRECOのアンプを試したときは、ヴォリュームを3時の方向くらいにしてようやくクランチ程度の歪が得られたんですが、とてもマンション等で気軽に出せる音量ではありませんでした。しかしこのAC4TV8は4W、1W、1/10Wの3段階に切り替え可能ですので、フルテンにしても0.1Wならかなり音量を抑えられそうです。

うーん、これは非常に気になりますね。機会があれば今度試奏してみようと思います。

楽器・機材 nice!(0)  comments(9)  trackbacks(0) 
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
share theme:音楽

nice! 0

9 comments

スクリーミン

半年ぶりくらいですかねぇ、お久しぶりです。
実は2週間位前にvox VT15を買っちゃいました。
ペダルも買ったのでもうエフェクター不要です、真空管はやっぱりいいですねあのニュアンスが。
つでにシールドもスペクトラフレックスを買いました。
.......と最近自己満足しています。
by スクリーミン (2009-03-03 20:53) 

家事手伝い

3時なんてスィッチ切っててもまわしたことないです(°m°;)

アッテネーターがあると前に書いてたボリュームあげて
ゲインを得る方法使わなくてもしんくうかんアンプで
騒音きにしないで、かっちょよくて甘いひずんだ音で楽しめるのですね。
(*´Д`*)
by 家事手伝い (2009-03-03 23:22) 

orange

アッテネーター・・・初めて聞きましたがどんな機能なんでしょうか!?
マンションでいい音出せると言うのなら是非欲しいですね・・・22700円だから結構厳しそうなんですがねw
by orange (2009-03-03 23:40) 

kk6

■スクリーミンさん
どうもご無沙汰してます。
vox VT15!あれもよさそうですよね。プリチューブでモデリングとかエフェクト内臓のやつですよね確か。
真空管のニュアンスの良さはたまらなく好きですが、腕が悪くてなかなかいい音出してくれません(笑

■家事手伝いさん
まあ実際の音を聞いてないので、0.1W時のフルテンでの音量がどれほどのものかわからないのですが、おそらくマンションでも大丈夫だと思います。

■orangeさん
いらっしゃいませー。
アッテネータっていうのは、簡単に言えばアンプの外付けマスターヴォリュームみたいなもんです。例えばヴォリュームがひとつしかない真空管アンプなどは相当ヴォリュームを上げないと歪みませんが、マンションなどではそんな事とてもじゃないけどできませんよね?
そこでアッテネータをかませばフルテンの音色をほぼ保ったまま音量を下げることができるんです。

このAC4TV8はそのアッテネータ機能を内蔵してるので、アンプの出力をスイッチひとつで切り替えることができるというわけです。

ただし、音色に関しては好みがありますので、必ずしもorangeさんが気に入る音かどうかはわかりません。もしハイゲインが好きであれば、このアンプ単体ではちょっと厳しいですね。ディストーションと呼べるレベルまでは歪まないと思います。クリーン~クランチ~オーバードライブあたりが好きならすごくオススメだと思うんですが。

実際に楽器店で試奏してもらうのが一番なんですが、Youtubeなどで今後試奏動画なども投稿されるかもしれませんし、音色を聞いて判断してみてください。
by kk6 (2009-03-04 00:33) 

Ken

なんか温かみのあるアンプですね~!
購入して友人に自慢したい感じ!

by Ken (2009-03-04 00:40) 

kk6

■Kenさん
そうそう、ルックスもこのアンプのいいところですね。
オールドな感じが凄くいいです。
by kk6 (2009-03-04 01:11) 

baku

自宅で鳴らすには、最良のアンプですね。
VOXはクランチの立ち上がりの音が独特で結構好きです。
しかもアッテネーター付でこの価格は魅力ありますね。
by baku (2009-03-04 08:27) 

NICOLA

なんかデザインがセレブな感じですねw
そしてリーズナブルなのに性能もイイとは!!

僕も機会があれば弾いてみようかな(´▽`*)アハハ
↑もちろん混んでないときにw
by NICOLA (2009-03-05 18:39) 

kk6

■bakuさん
VOXいいですよね。以前自分のVOXアンプのモデリングでCrunch1って言うのがすごく気に入ってて、どこかで調べたんですがTwin Reverbのモデリングだと思い込んでたんです。それが後になってもう一度同じページ見たらVOXだったという(笑

アッテネータ付でこの値段はお得ですよね。そしてこの機能を他のメーカーも取り入れてくれるともっと嬉しいんですけどね。選択肢が増えるという意味で。

■NICOLAさん
セレブな感じのデザインなのに庶民に優しい値段です(笑
もし購入を検討されるなら必ず試奏なりで音を確かめてくださいね。アンプ単体でメタルの歪みは無理ですので、歪みを足したければ歪み系コンパクト必須ですね。

ただし、真空管アンプのそれほど歪まない音での練習はいい練習になりますよ。
by kk6 (2009-03-05 21:04) 

Post a Comment

name:[required]
URI:
comment:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。
Please enter the word you see in the picture below.

0 trackbacks

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。