So-net無料ブログ作成
音楽理論 ブログトップ
前の2件 | -

チューニングと「純正律・平均律」


チューナーでチューニングしたのにどうして!?

以前Dokkenの曲をアップしたとき、チューナーで正確にチューニングしたにもかかわらず、自分で弾いた音源...特にコードを鳴らした時にCD音源に比べると明らかに違った音に聴こえていたと書きましたが、どうやらジョージ・リンチのチューニング方法が普通と違っていたようです。

一般的にチューナーを使ってチューニングした場合は5弦Aの音が440hzもしくは442hzという周波数になるように設計されているはずです(それが一般的な周波数なので)。しかし、Dokkenのコピーをアップした曲の記事にスクリーミンさんというかたがコメントしてくれたのですが、どうやらあの曲(というかあれが収録されているアルバムの全曲)は5弦A=425hzもしくは450hzではないか、とのことらしいのです。

そういえばパンテラのダイムバック・ダレルも独自の周波数でチューニングしているというのを雑誌で読んだ記憶があったので調べてみたのですが、WikipediaによるとA=400hzを基準にチューニングしているようです。なのでチューナーを使って全弦1音下げにしたとしても普通に弾く分には問題ないですが、CD音源に重ねてみるとダイムの音と自分の音の音程差に不快感を覚えることでしょう。ちなみにWikipediaによるとA=400hzというのは「全弦1と1/4音下げ」に近いそうです。

続きを読む



音楽理論 nice!(1)  comments(6)  trackbacks(0) 
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
share theme:音楽

Cメジャースケール初歩の初歩?


最近はExtremeの曲のコピーに励んでいるkk6です。こんばんは。

さて、耳コピしてて思ったんですが、耳で音をとってそれを暗記して弾くだけでは結局Tabを暗記するのと何も変わらないんじゃないかということに気づきました。まあそれは少々乱暴な言い方ですが、やはり理論を知っておいた上で「このコードに対してこのスケールを使ってるのか」とか分析しながらコピーしたほうが、そのギタリストが好んで使うスケールとかも把握できますし、耳コピする際にも1音1音順番に聴き取るのに比べれば、まず主体にしてるであろうスケールを導き出してやれれば断然効率がよくなりますよね。

というわけでスケールの勉強を再開したのですが、色んな教本とかにありがちなのが5つのポジションを丸暗記させるパターン。

こんなやつ↓
cf49cb83.gif

これでも一応覚えはしたんですが、1つのポジションにつき17も押さえるところがあって、理論初心者には少々きつかったです。そこで、自分なりにもうちょっと簡単な方法を見つけたので紹介しますね。

続きを読む



音楽理論 nice!(0)  comments(3)  trackbacks(0) 
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
share theme:音楽

前の2件 | - 音楽理論 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。