So-net無料ブログ作成
検索選択

若かりし日のNuno






Nunoというとあんまりクラシカルとか速弾きを延々とというイメージはないんですが、この頃は結構やってますねぇ。ヤングギターの速弾き特集とかでもNunoの名前は滅多に出てきませんし。まあどちらかというと速弾き否定派のNuno本人の意向を汲んでのことかもしれません。

下の動画ではトルコ行進曲のロングバージョンも披露してくれてます。



気になる教則本2冊


ちょっと気になる教則本が2冊あったので立ち読みしてきました。大村孝佳くんの本とKelly Simonzさんの本です。








ギター・マガジン 超絶ギタリスト養成ギプス (CD付き) (リットーミュージック・ムック)

ギター・マガジン 超絶ギタリスト養成ギプス (CD付き) (リットーミュージック・ムック)

  • 作者: Kelly Simonz
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2009/08/22
  • メディア: ムック





どっちも欲しいのは欲しいんですが、一度に両方買ってもしょうがないのでどちらを先に買うべきか迷ったので中身をちらっと覗いてきたわけです。そしてその場では買わずあとでYoutube等で本人ないしは購入した人が収録フレーズに挑戦したものを聴いて、どういうフレーズが収録されてるか視聴して決めよう、というわけです。

今回どちらもご本人の模範演奏が見つかったので紹介してみましたが、kellyさんのほうが各章末にのってる小曲の演奏動画しかなく、これがまた超絶なため大村君の動画のインパクトがちょっと…と思ったのでかなりクセのあるやつ選んでみました。他にもお二人の模範演奏は結構あるので探してみてください。

で、感想としては大村本の方が初心者~上級者まで使える本だなという印象を受けました。なんせ「基礎力を鍛える」と銘打ってるくらいですから。本人の手写真とかも交えて基本的なポイントをわかりやすく説明してくれてるので、僕みたいに独学でギターやってる人間は重宝すると思います。この本は難しいフレーズに挑戦するというよりは、フレーズと解説を通じて基礎固めをしよう、そんな本だと思います。もちろんそう簡単なフレーズじゃないんですが(笑

kelly本のほうはというと、これは大村本とは真逆の性格の本だと思います。とにかく超絶。上級者がさらに高みを求めるために活用すべき本かなぁという印象でした。意外だったのはただ速弾きフレーズをひたすら練習させられるのではなくて、バッキング用のフレーズも結構入ってたことです。それからネオクラシカルみたいなのだけじゃなくてジャズ・フュージョンとかのフレーズも入ってて、かなり幅広いなといった印象。とにかくもっと上手くなりたいと思ったら買いだと思います。

どちらの本もフレーズが単なるメカニカルトレーニングではないというところがいいですね。ちゃんと音楽してる。初心者~中級者は大村君の本でみっちり練習して上達したらkellyさんの本に挑戦するのがいいんじゃないかと思います。僕はそうするつもりです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。