So-net無料ブログ作成

今年一年を簡単に振り返る


今年も残すところあと1日とちょっとですね。今年のあたまに目標を掲げてたみたいなんですが、そのうちの2つくらいしかクリアできてませんね。Get The Funk OutとCupid's Deadのコピーがそれなんですが、正直クリアとは言いがたいレベルではありますが、まあよしとします。ピッキングの強化はどうなんだろう…1年前よりはマシになってるとは思うんですが、まだ色々課題も見つかってるので今後も突き詰めていこうと思います。

まあ今年を振り返ると「Nuno」の一言につきますね。当初はいろんなギタリストを取り上げたりしてたんですが、ここ最近は特にヌーノ関連の記事ばっかり(笑)気づけばブログタイトルまでExtremeのアルバムから拝借するという始末…。終いにはExtremeのライブを見に行き実際にヌーノと会ってしまうという幸運に恵まれました。今年の一番の思い出です。

そして今年一年の間に新たにブログを通して知り合えた人もいらっしゃいますね。こんなブログですが読んでくれてありがとうございます。来年もよろしくお願いします。
それにしてもみんな上達が早くて驚かされるばかりです。こちらも負けないように頑張らないとですね。

さて来年の抱負は…まあ来年を迎えてから考えるとします。とりあえず年越しまでに風邪を治さないと…!

雑記 nice!(0)  comments(6)  trackbacks(0) 
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
share theme:音楽

地獄本より地獄


ちょっとネットでいろいろ調べ物しててたまたま某巨大掲示板の「タメになった教則本を紹介するスレ」みたいなところで加茂フミヨシさんの本「速弾きがうまくなる理由ヘタな理由」の話題が出てました。地獄のメカニカルトレーニングを一通りやった人が加茂さんの本をやろうとすると

1.地獄本よりTABがシンプル。簡単そう。
2.実際に弾く。弾ける。なんだやっぱり簡単じゃん。
3.CDの模範演奏聴く。…おいおいなんだこのテンポ…弾けるわけねーだろ…。

というステップを踏むそうです(笑
みなさん口をそろえて言ってたのが


「地獄本より地獄」


地獄本は実践的なフレーズの数をこなすことに重きをおいてるような気がしますが、加茂さんの本のフレーズは悪い弾き方を矯正するように作られたフレーズなので、TAB自体はシンプルで覚えやすいです。シンプルで短いフレーズのほうが後々アドリブ演奏などの時に使えていいんじゃないでしょうか。また、CDの模範演奏のテンポはあくまでも模範演奏で、それよりも遅いテンポに合格テンポが設定されてます。例えば模範演奏のテンポが150のフレーズだと合格テンポは120といった具合。ただこの合格ラインが曲者なんですよね。弾けるか弾けないかという絶妙なところに合格ラインが設定されてる気がします。

僕も最近、この本は解説のページを参考にするだけにとどまってましたが、久々に練習フレーズにも挑戦してみようと思います。


ギター・マガジン 速弾きがうまくなる理由ヘタな理由(CD付)

ギター・マガジン 速弾きがうまくなる理由ヘタな理由(CD付)

  • 作者: 加茂 フミヨシ
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2007/05/12
  • メディア: 単行本



DVD版も出てたんですね。知りませんでした。


DVD版 速弾きがうまくなる理由ヘタな理由[DVD]

DVD版 速弾きがうまくなる理由ヘタな理由[DVD]

  • 作者: 加茂 フミヨシ
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2008/04/20
  • メディア: 単行本



ちなみに以下のページの下のほうで加茂さんのデモ演奏が見られます。
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/guitar1_data/06217201.html

また、この本の総まとめ練習曲であるショパンの「幻想即興曲」を加茂さんが実際に演奏してる動画を見つけたので紹介します。


書籍 nice!(0)  comments(7)  trackbacks(0) 
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
share theme:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。