So-net無料ブログ作成

Mr.Crowley


さて、前回の記事で紹介したギタリストとは、Ozzy Osbourneバンドの初代ギタリスト、Randy Rhoadsのことでした。

1980年にオジーバンドのデビューアルバム「BLIZZARD OF OZZ」で一躍脚光を浴びましたが、その2年後、全米ツアー中の遊覧飛行の最中、乗っていたセスナが墜落し帰らぬ人となりました…。たった2枚のアルバムのみを残し、25歳という若さで彼は旅立って行きました。

ランディの特徴といえば、やはりロックとクラシックの融合でしょう。以前紹介したインギーとはまた違った角度からクラシックの要素を取り入れています。

詳しくはWikipedia:ランディ・ローズを読んでみてください。

続きを読む



これから約一ヶ月の間…


昨日ネオクラシカルに目覚め、それっぽい練習をしてたのですが、さっそく筋肉痛です。いかに速弾きを避けて通ってきたかがわかりますね(笑)

さて、昨日そういう流れになったばかりですが、大事なことを思い出したので、インギーとかの練習は一時封印です。これから一ヶ月ほど、あるギタリストの曲を集中して練習します。どこまでやれるかわかりませんが、3月19日にここで音源を公開します。

続きを読む



練習日記 nice!(0)  comments(7)  trackbacks(0) 
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
share theme:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。